本公演記録その1

(1994年-2000年)

 

 
1994年

結成

当時高校を卒業し一時は演劇から離れていた池田・樋口・前川の3人が再び芝居がしたいと劇団を結成。

 

 
 
1995年
3月

旗揚げ公演  「誰もが手にしたるもの」
作・演出:劇団 Ugly duckling

記念すべき旗揚げ公演だが、開場中に台本を書いていたという伝説の公演。 記録ビデオは封印され、誰も目にしたことはない。
SPACEZERO スーパールーキー賞受賞。

会場:スペースゼロ

 

 
11月

第2回公演 「トランス」
作:鴻上 尚二 演出:劇団 Ugly duckling

アグリー全公演の中で唯一の既製戯曲。 この作品に現在のアグリーの看板女優 出口弥生が初参加。

会場:スペースゼロ

 

 
 
1996年
3月

第3回公演 「さポろぺ」
作:樋口 美友喜 演出:池田祐佳理

作=樋口、演出=池田と言う形での芝居づくりの基礎となったアグリー創生期の名作。
SPACE ZERO演劇賞受賞。
池田、樋口 女優賞受賞。
さらに樋口がOMS戯曲賞最終選考に残りその才能の片鱗を見せた。

会場:スペースゼロ

 

 
  11月

第4回公演  「さっちゃん」
作:樋口 美友喜 演出:池田祐佳理

“八百屋お七”と阪神大震災をモチーフに、女の一生を描いた3人芝居。再演候補の最右翼。
SPACE ZERO演劇賞受賞。

会場:スペースゼロ

 

 
  1997年
3月

第5回公演 「黒子禁止」
作:樋口 美友喜 演出:池田祐佳理

妊婦の薬物中毒という一見重いテーマを、斬新な価値観で描き全世界中200人を驚愕の底に落とし込んだ問題作。
これも再演候補の一つ。

会場:スペースゼロ

 

 
  10月

第6回公演 「こども魂」
作:樋口 美友喜 演出:池田祐佳理

「母と子」の関係をテーマに、架空のお祭りを舞台とした「アグリー的寓話芝居」の元祖。社会問題や、重いテーマを扱う中で、躍動 感とコミカルなかわいらしさを足した、現在のアグリー芝居の基盤もこのころ徐々に固まっていった。
OMS戯曲賞最終選考に残る。

会場:スペースゼロ

 

 
  1998年
4月

第7回公演  「誰もが手にしたるもの~裏画面 '98~
作:樋口 美友喜 演出:池田祐佳理

題名こそは旗揚げ公演と一緒だが、内容は全く違う作品。パソコンゲームをモチーフにした、アイデンティティ確立のお話。
吉川貴子が初出演。
この公演で一旦スペースゼロを卒業。アグリー は変動期 に。
スペースゼロシナリオ賞受賞(樋口)

会場:スペースゼロ

 

  6月

再結成

今まで手伝いに来ていた後輩や、スタッフを 正式に劇団員として迎え、さらに 福井愛、坂野多美、植田宏美(ののあざみ)の個性豊かな女優陣も入団し、いきなり大所帯となったアグリーは新時代を迎える。

 

 
  11月

第8回公演 「眠りの切り札」
作:樋口 美友喜 演出:池田祐佳理

再結成後初の公演で、初の男性出演者を客演 (近藤ヒデシ氏=COMPLETE爆弾)として起用。古代ギリシアの「トロイの木馬」の話をモチーフにした「アグリー的寓話芝居」。これまでの作品作りの一つの完成系であった。
OMS戯曲賞最終選考に残る。

会場:プラネットホール

 
1999年
4月

第9回公演 「さポろペ」(再演)
作:樋口 美友喜 演出:池田祐佳理

第3回の「さポろぺ」に大幅手を加えて公演 したリメイク版。その圧倒的なスピード感は ”ジェットコースタームービー”ならぬ「アグリー的ジェットコースター演劇」を確立した。
アグリー初の男性役者、中村隆一郎がこの回から参加。

会場:一心寺シアターPart2

 

 

10月

第10回公演 「深流波~シンリュウハ~」
作:樋口 美友喜 演出:池田祐佳理

扇町アクトトライアル’99参加の公演。積年の目標であったOMSでの公演で、 しかも第10回の記念公演。さらには動員数も過去最高を記録し、まさに記念ずくしの公演となった。
この作品でついにOMS戯曲賞大賞を受賞(樋口)。

会場:扇町ミュージアムスクエア

 

 

2000年
3月

 

第11回公演 「つぶならべ」
作:樋口 美友喜 演出:池田祐佳理

初のオムニバス形式の短編集でホームグラウンド・スペースゼロに凱旋。
あるアパートに住む住人達の様々な物語は、最後には「蟲」というモチーフのもとに全て繋がっていくという異色作。
ラジオドラマ用に書き下ろした「一粒の蟲」も舞台化して発表した。
また、SPACE ZERO演劇賞は初の大賞を受賞。
他に個人では池田祐佳理に演出賞、吉川貴子に女優賞。

会場:スペースゼロ

 

7月

 

第12回公演 「こども魂」(再演)
作:樋口 美友喜 演出:池田祐佳理

OMSの前プロデューサー江本氏の肝煎りで企画されたOMS協力公演。初演を上回る完成度で好評を得た。

会場:扇町ミュージアムスクエア

 

  11月

第13回公演 「ひとよ一夜に18片」
作:樋口 美友喜 演出:池田祐佳理

短編『狐火』もとりいれ、さらに新たなテーマ「人間の根源」に迫る世界を描いた意欲作。多元的な展開と掘り下げるテーマの重厚さで過去にはない形を築いた。
この作品で OMS戯曲賞2年連続大賞受賞の快挙を成し遂げる (樋口)。

会場:芸術創造館大練習室

Plant M情報letter はじめました

Plant情報letterはじめました。

letter会員のみのお得なお知らせなどを公演情報とともにお届けします。

下記から登録することができます。